歯科の最新の治療で、口内トラブルを改善しよう

健康状態を維持するために治療を受けよう

治療にかかる費用

矯正治療の費用と傾向

歯列矯正にかかる費用は治療期間や矯正装置の種類によって異なります。また、国立大学付属病院でない限り金額の均一性は全くないという特徴をもっています。よって、歯列矯正を受ける場合には複数の歯科医院を比較することになると思われます。 歯列矯正にかかる治療費の傾向としては、特殊であればあるほど金額は高くなります。その理由は歯科医師の技術力や材質が要求されるためです。最も普及されている歯の表面に矯正装置を付ける「マルチブラケット法」で60万円前後かかると言われています。保険適用外の治療となるため、全額を支払う必要があることも注意しなくてはいけません。 ただし、場合によっては医療費控除の対象となる場合もりますので、かかりつけの医師に相談しておくことをおすすめします。

矯正治療の歴史とこれから

歯列矯正の歴史は最古のものでは紀元前まで遡ると言われています。エストニアなどでは当時の矯正装置が出土したという記録が残っていることから、すでに矯正治療に対して関心が高かったことが伺えます。 矯正学の発展により大きく影響を受けるのが矯正装置です。新しい理念や技術が誕生すれば、それを生かした矯正装置が各メーカーから開発されるからです。例えば、セルフライゲーションシステムが誕生した際も「デーモンシステム」や「クリッピーC」などの矯正装置、各メーカーから誕生しています。 すなわち、歯列矯正には矯正装置がつきものなのです。よって、より良い矯正装置が生まれれば生まれるほど、歯列矯正の普及率も上がるものだと思われます。日本においてはまだまだ発展途上ですが、より患者の生活スタイルに合った矯正装置が誕生することを願っています。